コード・ナビゲーション①基本コード

スポンサーリンク

基本和音

スポンサーリンク
  1. コードの種類
  2. 基本的なコードの解説
    1. 和音 (Chord)
    2. 三和音 (Triad)
      1. 長三和音 (Major Triad)
      2. 短三和音 (Minor Triad)
      3. 増三和音 (Augmented Triad)
      4. 減三和音 (Diminished Triad)
    3. 四和音
      1. ベース・コードによる分類①長三和音
        1. メジャー・シックス・コード (Major 6th Chord)
        2. メジャー・セブンス・コード (Major 7th Chord)
        3. ドミナント・セブンス・コード (Dominant 7th Chord)
      2. ベース・コードによる分類②短三和音
        1. マイナー・シックス・コード (Minor 6th Chord)
        2. マイナー・メジャー・セブンス・コード (Minor Major 7th Chord)
        3. マイナー・セブンス・コード (Minor 7th Chord)
      3. ベース・コードによる分類③増三和音
        1. オーグメント・メジャー・セブンス・コード (Augmented Major 7th Chord)
        2. オーグメント・セブンス・コード (Augmented 7th Chord)
      4. ベース・コードによる分類④減三和音
        1. ディミニッシュ・メジャー・セブンス・コード (Diminished Major 7th Chord)
        2. マイナー・セブンス・フラット・ファイブ・コード (Minor 7th flat 5th Chord)
        3. ディミニッシュ・セブンス・コード (Diminished 7th Chord)
        4. ディミニッシュ・メジャー・セブンス・コード (Diminished Major 7th Chord)
    4. 掛留和音
      1. サス・フォー (Suspended 4th Chord)
      2. セブンス・サス・フォー (Seventh Suspended 4th Chord)
      3. サス・ツー (Suspended 2nd Chord)
    5. 変化和音(オルタード・コード)
      1. ①減5度変化形
        1. フラット・ファイブ (Major Flatted 5th)
        2. ドミナント・セブンス・フラット・ファイブ (Dominant 7th flatted 5th)
      2. ②増5度変化形
        1. マイナー・オーグメント・コード (Minor Augmented Chord)

コードの種類

基本的なコードの解説

和音 (Chord)

  • 3音構成を最小単位とする
  • 基準となる音をルート(根音 / Root)と呼ぶ
  • 基本的に、記号化したコード・ネームで表示される。
  • 各スケールに共通のコードを示す場合は、ルートを音名ではなく、度数で表示する。
  • 各音程間の調和の度合いに応じて、協和音と不協和音に分けられる。
  • ある調・音階上の音のみで形成される和音を特に「ダイアトニック和音」と呼ぶ。

三和音 (Triad)

  • 3音構成
  • コードの最小単位

長三和音 (Major Triad)

  • ルートから長3度音程(M3)の音と、完全5度音程(P5)の音を積み重ねてできるコード。
  • コード・ネームはルート音名のみで表示される。

短三和音 (Minor Triad)

  • ルートから短3度音程(m3)の音と、完全5度音程(P5)の音を積み重ねてできるコード。
  • コード・ネームは、ルート音名に「m」を足すか、「-」を足して表示される。

増三和音 (Augmented Triad)

  • ルートから長3度音程(M3)の音を、さらにそこから長3度音程(M3)の音を足してできるコード。
  • その結果、ルートからの5th音は増5度音程(aug5)となる。
  • コード・ネームは、ルート音名の後に「aug」「+」「+5」「#5」などを足して表示される。

減三和音 (Diminished Triad)

  • ルートから短3度音程(m3)の音を、さらにそこから短3度(m3)の音を積み重ねてできるコード。
  • その結果、ルートからの5th音は減5度音程(dim5)となる。
  • コード・ネームに「dim」や「◦」を使う例も見られるが、ディミニッシュ・セブンスとの混乱を避けるため、通常は「m(-5)」「m(♭)」が用いられる。

四和音

  • 三和音に1音足して作られるコード。

ベース・コードによる分類①長三和音

メジャー・シックス・コード (Major 6th Chord)
  • 長三和音に長6度音(M6)を付加した四和音
メジャー・セブンス・コード (Major 7th Chord)
  • 長三和音に長7度音(M7)を付加した四和音
ドミナント・セブンス・コード (Dominant 7th Chord)
  • 長三和音に短7度音(m7)を付加した四和音

ベース・コードによる分類②短三和音

マイナー・シックス・コード (Minor 6th Chord)
  • 短三和音に長6度音(M6)を付加した四和音
マイナー・メジャー・セブンス・コード (Minor Major 7th Chord)
  • 短三和音に長7度音(M7)を付加した四和音
マイナー・セブンス・コード (Minor 7th Chord)
  • 短三和音に短7度音(m7)を付加した四和音

ベース・コードによる分類③増三和音

オーグメント・メジャー・セブンス・コード (Augmented Major 7th Chord)
  • 増三和音に長7度音(M7)を付加した四和音
オーグメント・セブンス・コード (Augmented 7th Chord)
  • 増三和音に短7度音(m7)を付加した四和音

ベース・コードによる分類④減三和音

ディミニッシュ・メジャー・セブンス・コード (Diminished Major 7th Chord)
  • 減三和音に長7度音(M7)を付加した四和音
マイナー・セブンス・フラット・ファイブ・コード (Minor 7th flat 5th Chord)
  • 減三和音に短7度音(m7)を付加した四和音
ディミニッシュ・セブンス・コード (Diminished 7th Chord)
  • 減三和音に減7度音(dim7)を付加した四和音
  • 構成音の全てが短3度の音程の積み重ね
ディミニッシュ・メジャー・セブンス・コード (Diminished Major 7th Chord)
  • 減三和音に長7度音を付加した四和音

掛留和音

  • 掛留和音は主に、トニック・コードとドミナント・コードで用いられる。っz

サス・フォー (Suspended 4th Chord)

  • 長三和音の3度音を完全4度音程(P4)に変化させた和音。
  • 4度掛留和音とも呼ばれる。
  • 通常の長3度音に解決することもあれば、未解決のまま使うこともある。

セブンス・サス・フォー (Seventh Suspended 4th Chord)

  • サス・フォー・コードに短7度音(m7)を付加した四和音

サス・ツー (Suspended 2nd Chord)

  • 長三和音の3度音を長2度音程に変化させた和音。

変化和音(オルタード・コード)

①減5度変化形

フラット・ファイブ (Major Flatted 5th)
  • 長三和音の完全5度音を減5度に変化させた三和音
ドミナント・セブンス・フラット・ファイブ (Dominant 7th flatted 5th)
  • ドミナント・セブンス・コードの完全5度音を減5度に変化させた四和音

②増5度変化形

マイナー・オーグメント・コード (Minor Augmented Chord)
  • 短三和音の完全5度音を増5度に変化させた三和音

タイトルとURLをコピーしました