作曲してみたい?

最新記事

作曲に必要なこと

限られた素材、現代のポピュラー音楽やクラシック音楽の基盤になっている1オクターブ12音を使った作曲だけでも、無限の可能性があります。それは今までに作られた数多くの楽曲を見れば明らかでしょう。その根底にあるものは、作曲者のイマジネーションに他なりません。そうでなければ、これほど多様な音楽の世界が開かれるはずはないのですから。

音楽理論は、ジャンルや時代によって、また著者によっても異なります。どれが正しいということはなく、それぞれが独自の美的感覚に基づいたものです。

まずはご自分のイマジネーションを大切にすることです。ただ、利用できる先人の知恵(理論)を知っていれば、時間の短縮にもなります。真似できる部分は真似して、そこに何かしら新しい要素を加えれば、それがオリジナリティーになります。ですから、音楽理論は知識ではなくテクニック、武器なのです。

どの理論を利用するにせよ、基礎的な知識、つまり「音程」「音階」「和音」等は理解・記憶することが必須です。その前にはさらに基礎的な「楽典」があります。これらを知らなければ当然、楽譜も読めませんし書くこともできません。当サイトではこれらをまとめてありますので、ぜひ参考になさってください。

「楽譜のしくみ」はこちら
「音程」の解説はこちら
「音階」の解説はこちら

上述の基礎的な知識を身につけたら、さらに必要な知識を身につけましょう。

テンション・コード」の解説はこ
アヴェイラブル・テンションの解説はこちら
コード・スケール」の解説はこちら
コード進行」についての解説はこちら
「転調」の解説はこちら
クラシック音楽の和声理論はこちら

参考資料

当サイトを作成するにあたり、下記の文献を参考にしています。

『和声の原理と実習』

外埼幹二、島岡譲 共著

音楽之友社

昭和60年12月20日 第30刷


『コード理論大全』

清水響 著

リットーミュージック

2018年9月7日 第1版3刷


『モンテヴェルディからドビュッシーまで 大作曲家11人の和声法』上巻

中村隆一 著

全音楽譜出版

第1版第5刷 2001年5月25日


『モンテヴェルディからドビュッシーまで 大作曲家11人の和声法』下巻

中村隆一 著

全音楽譜出版

第1版第5刷 2002年3月15日


『Theory of Harmony』

Arnold Schoenberg

Translated by Roy E.Carter

Unuversity of California Press

First Paperback Printing 1983


『Harmony』

Walter Piston

Revised and Expanded by Mark Devoto

Norton

Fourth Edition 1978


『和声の歴史』

オリヴィエ・アラン

永富正之、二宮正之 共訳

白水社

1973年3月25日  第3刷


『大作曲家の和声』

ディーター・デ・ラ・モッテ 著

吉田雅夫 監修、滝井敬子 訳

シンフォニア

1980年7月 第1刷


『Harvard Dictionary of Music』

Willi Apel

The Belknap Press of Harvard University Press

1978, Second Edition, 11th Printing


『ポピュラー 音楽理論』

北川祐

リットーミュージック

2004年12月25日 初版


『最新音楽用語事典』

リットーミュージック

2001年1月10日 第2版第2刷


『実践コード・ワーク 理論編』

篠田元一 著

キーボード・マガジン編集部監修

リットーミュージック

1992年6月1日 第4版


『作曲の基礎技法』

アルノルト・シェーンベルク

G・ストラング、L・スタイン 編

山縣茂太郎、鴫原真一 共訳

音楽之友社 

2006年3月31日 第25刷


お探しの内容に合致するページを見つけるために、サイトマップもご活用ください