作曲してみたい?

作曲してみたいと思った時に、音楽理論は大きな武器となります。もちろん鼻歌を起譜しただけでも作曲行為と言うことができるかもしれませんが、客観的に考えて、それは単なるアイディアに過ぎないと言えましょう。歌詞を付けるのか付けないのか、コードはどうするのかは勿論のこと、形式的にどんな構成にするのか、ダイナミクスはどうするのか、ベースは? 使用楽器は? 対旋律は?等々、考えるべきことはたくさんあります。そうした様々な要素を練り上げることこそが作曲行為と言えるのではないでしょうか。

そう考えると、作曲に必要な知識は大きく2つあります。1つ目は楽譜に関する知識、つまり記譜上の約束事を覚えること。もしくはDTMで思い描いた音楽を表現できること、です。

2つ目は音楽理論です。現在の主流である、平均律による12音を使った音楽を成立させている理論を理解し、使いこなすことで、作曲の幅は広がり、質も深まるでしょう。

このサイトでは、各理論を詳述することは目指さず(そうしたサイトは数多くあります)、むしろ各項目を学ぶうえで役に立つ資料集を呈示することを目的にしています。それらは私が音楽理論を学ぶ過程で集めた素材、作成した資料です(順次追加していきます)。

音楽理論目次

音程
音階
和音 : 基本和音
     テンション・コード
コード・スケール
コード進行

お探しの内容に合致するページを見つけるために、サイトマップもご活用ください