ドイツ語を読むための「名詞」の知識

名詞の性

ドイツ語の名詞は必ず次の3つの性のどれかに属します。この分類はあくまでも文法的な区別であって、自然の性に則っているわけではありません。

  • 男性名詞 〔定冠詞は “der“〕
  • 女性名詞 〔定冠詞は “die” 〕
  • 中性名詞 〔定冠詞は “das“〕

男性名詞

人の「自然の性」が男性のもの(父親、叔父、祖父など)。 身分や職業・社会関係の総称的な用法。

女性名詞

人の「自然の性」が女性のもの(母親、叔母、祖母など)。 女性の身分や職業・社会関係

  1. 男性名詞に “-in” を付加して作られる(der Arzt → die Ärztin)
  2. 男性名詞の語尾を “-frau” に変える*(Kameramann→Kamerafrau)

中性名詞

総称的な意味の語、集合的な意味の語(”das Huhn”(鶏という種)など家畜に多い)。 “-chen” の付いた派生語(”das Mädchen”(少女)、”das Häuschen”(小さな家))。 “-lein” の付いた派生語(童謡や民話に頻出する)。 他品詞が名詞化されたもの

  • 不定詞:”denken”(思惟する)  → “das Denken”(思惟すること)
  • 形容詞:”schön”(美しい)      → “das Schön” (美しいこと)
  • 前置詞:”für”       (〜のために) → “das Für” (賛成)

複数形

名詞の複数形には5つのパターンがあります。

  1. 無語尾型:単数形と複数形が同じ。ただし、母音がウムラウトになるケースもあり。
  2. E型:単数形に “ -e ” が付く。ただし、母音がウムラウトになるケースもあり。
  3. ER型:単数形に ” -er ” が付く。”a”,”o”,”u”,”au”の母音は必ずウムラウトになる。
  4. N(EN)型:単数形に ” -n “または” -en ” が付く。母音はウムラウトにはならない。
  5. S型:単数形に “ -s ” が付く。母音はウムラウトにはならない。

複数形にならない名詞

複数形になる名詞は「数えられる名詞」に限られます。したがって以下の名詞は複数形をもちません。

  1. 固有名詞
  2. 集合名詞
  3. 物質名詞

 男性弱変化名詞

男性名詞のうちで、単数の2・3・4格及び複数の全ての格で名詞の後ろに ” -en ”  または  ” -n ” の格語尾をもつものがあります。これは「男性弱変化名詞」と呼ばれます。 辞書で、-en/-en 、-n/-n と表示されている名詞がこれに当たります。 たとえば ” Pianist ” は「ピアニスト」を意味する男性名詞です。

単数複数
1格PianistPianisten
2格PianistenPianisten
3格PianistenPianisten
4格PianistenPianisten