ドイツ語を読むための「代名詞」の知識

代名詞の種類

  1. 人称代名詞
  2. 指示代名詞
  3. 所有代名詞
  4. 不定代名詞
  5. 再帰代名詞
  6. 疑問代名詞

1. 人称代名詞

人に関する名詞や固有名詞(人の名前)を指すための言葉

1人称2人称3人称
男性
3人称
女性
3人称
中性
単数1格ichSieersiees
2格meinerIhrerseinerihrerseiner
3格mirIhnenihmihmihm
4格michSieihnsiees
複数1格wirSiesiesiesie
2格unserIhrerihrerihrerihrer
3格unsIhnemihnenihnenihnen
4格ihnenSiesiesiesie

2.指示代名詞

dieser

 ①この〜、その〜、②(名詞の代わりに)この人、その人、これ、あれ、③後者

単数複数
男性女性中性
1格dieserdiesediesesdiese
2格diesesdieserdiesesdieser
3格diesemdieserjenemdiesen
4格diesendiesediesesdiese

jener

①あの〜、その〜、例の〜、②あの人、その人、あれ、あの事、③前者

単数複数
男性女性中性
1格jenerjenejenesjene
2格jenesjenerjenesjener
3格jenemjenerjenemjenen
4格jenenjenejenesjene

der

単数複数
男性女性中性
1格derdiedasdie
2格dessenderendessenderen
3格demderdemdenen
4格dendiedasdiee
  • 指示代名詞は、その指示する名詞の性に従って4種類が使い分けられます。
  • さらに、動詞の要求に応じて「格」が選ばれます。
  • 紹介のdas : 人や事物を紹介するときは、その性・数に関係なく”das“が用いられます。ただし、動詞は単数・複数が使い分けられます。
  • 指示代名詞の活用は「定冠詞」とほぼ共通で、2格だけに “-sen/-en” が付加されます。

3. 所有代名詞

mein

   私の〜

単数複数
男性女性中性
1格meinmeinemeinmeine
2格meinesmeinermeinesmeiner
3格meinemmeinermeinemmeinen
4格meinenmeinemeinmeine

sein

   彼の〜、それの〜(男性名詞・中性名詞を受けて)

単数複数
男性女性中性
1格seinseineseinseine
2格seinesseinerseinesseiner
3格seinemseinerseinemseinen
4格seinenseineseinseine

ihr

彼女の〜、それの〜(女性名詞を受けて)、彼らの〜、彼女らの〜、それらの〜

単数複数
男性女性中性
1格ihrihreihrihre
2格ihresihrerihresihrer
3格ihremihrerihremihren
4格ihrenihreihrihre

unser

私達の〜

単数複数
男性女性中性
1格unserunsereunserunsere
2格unseresunsererunseresunserer
3格unseremunsererunseremunseren
4格unserenunsereunsererunsere

 4.不定代名詞

1格manjemandniemandjedermann
2格(eines)jemandsjemandesniemandsniemandesjedermanns
3格einemjemandjemandemniemandniemandemjedermann
4格einenjemandjemandenniemandniemandenjedermann
  •  man  人は〈が〉、世間の人は〈が〉、誰かが、まともな人は【基本的には三人称1格でしか用いられない】
  • jemand  誰か、ある人
  • niemand  誰も〜ない、一人も〜ない
  • jedermann  誰でも、おのおの

5.再帰代名詞

再帰代名詞は再帰動詞とセットで用いられます。1人称・2人称に固有の形はありませんので、人称代名詞で代用されます。

1人称2人称3人称
男性
3人称
女性
3人称
中性
単数2格meinerIhrerseinerihrerseiner
3格mirsichsichsichsich
4格michSieihnsiees
複数2格unserIhrersichsichsich
3格unssichsichsichsich
4格unssichsichsichsich

再帰動詞には、同時に非人称動詞として使われるものもあります。たとえば、 Es handelt sich um etw.  〜が問題である。 Es handelt sich un den Solo in dieser Symphonie. この交響曲ではソロが 重要である。 この場合には ” sich ” を文頭に置くことはできません。

 相互代名詞

再帰代名詞は、主語が複数で、互いに動作を及ぼし合う場合には、「相互的意味」に用いられます。この場合は相互代名詞と呼ばれるが、格変化は同形です。 Wir loben sich gegenseitig. 私たちは互いにほめ合う。

6.疑問代名詞


1格 2格 3格 4格 
 誰wer wessen wem wen 
 何was (wessen) was 

性の区別はなく、複数形もない。 Wer ist er ? 彼は誰ですか。 Was ist das ?  それは何ですか。