ソプラノ定型;Mi → Re

 ソプラノ声部(旋律、メロディ)に和声づけを行う時に、一部の進行には対応するバス進行や和音が定型化(パターン化)されています。無理にそれに従う必要はありませんが、それを使うことで無駄な労力を省けることも事実ですので、うまく活用してください。

 このページのソプラノ定型は、準備を伴う4和音の7音の進行です。実際には、アルト声部やテノール声部で使っても問題ありません。

ソプラノが「ミ→レ」の場合の和声づけ

ハ長調 (C major key)

ハ短調 (C minor key)

ト長調 (G major key)

ト短調 (G minor key)

ニ長調 (D major key)

ニ短調 (D minor key)

イ長調 (A major key)

イ短調 (A minor key)

ホ長調 (E major key)

ホ短調 (E minor key)

ロ長調 (B major key)

ロ短調 (B minor key)

嬰ヘ長調 (F-sharp major key)

嬰へ短調 (F-sharp minor key)

嬰ハ長調 (C-sharp major key)

嬰ハ短調 (C-sharp minor key)

嬰ト短調 (G-sharp minor key)

嬰ニ短調 (D-sharp minor key)

嬰イ短調 (A-sharp minor key)

へ長調 (F major key)

へ短調 (F minor key)

変ロ長調 (B-flat major key)

変ロ短調 (B-flat minor key)

変ホ長調 (E-flat major key)

変ホ短調 (E-flat minor key)

変イ長調 (A-flat major key)

変イ短調 (A-flat minor key)

変ニ長調 (D-flat major key)

変ト長調 (G-flat major key)

変ハ長調 (C-flat major key)