コード・スケール〜代理コード

代理コードとは

 ダイアトニック・コードはトニック、ドミナント、サブドミナントというs表和音と、それ以外から成っています。ただし、どの和音もいずれかの機能に属しているとの考え方から、代理コードという括りで分類されます。

 また、ダイアトニックコードではありませんが、ドミナント・コードとの共通音を持つ、一般に「裏コード」と呼ばれる、ドミナントの代理コードもあります。

ダイアトニックの代理コードのコードスケール

メジャー・キー

C Major Key
G Major Key
D Major Key
A Major Key
E Major Key
B Major Key
F-sharp Major Key
C-sharp Major Key
F Major Key
B-flat Major Key
E-flat Major Key
A-flat Major Key
D-flat Major Key
G-flat Major Key
C-flat Major Key

マイナー・キー

マイナー・キーのコード・スケールは、そのコードが置かれた状況によって異なります。下記の譜例では、

  1. ナチュラル・マイナー
  2. ハーモニック・マイナー
  3. メロディック・マイナー
  4. ドリアン

を根拠としたコード・スケールを掲載しています。

A Minor Key
E Minor Key
B Minor Key
F-sharp Minor Key
C-sharp Minor Key
G-sharp Minor Key
D-sharp Minor Key
A-sharp Minor Key
D Minor Key
G Minor Key
C Minor Key
F Minor Key
B-flat Minor Key
E-flat Minor Key
A-flat Minor Key

裏コードのコード・スケール

 ダイアトニックではありませんが、一般に「裏コード」と呼ばれているドミナント・コードも代理コードの仲間となります。

 Cメジャー・キーのドミナントはG7ですが、その裏コードはD♭7となります。ルートの関係で言えば「減5度(増4度)」です。両者を比べてみます。D♭7の構成音は一部、異名同音で記譜してあります(B=C♭、D=E♭♭、C#=D♭)。

こうして見てみると、トライトーン(三全音)が共通です。その他の音は、コードの構成音であるか、テンション・ノートであるかで、音高は共通です。もちろん、響き自体は全然異なるものですが、機能的には共通していることがわかるでしょう。

 裏コードというと、♭II7だけだと思っている人もいるようですが、ダイアトニック上のセブンス・コード(つまり、セカンダリー・ドミナント)にはすべて裏コードがあります。

裏コードの一覧はこちら

 基本的には「リディアン・ドミナント・スケール」が用いられますが、一部例外もあります。