増6の和音

「増6の和音(Der Übermäßiger Sextakkord)」の構成

 増6の和音の起源には諸説ありますが、単純に「V of V」の下行変質を第2転回形にしたものという理解で問題ないでしょう。

 増6の和音には3パターンがあって、それぞれ「イタリアの6」「「ドイツの6」「フランスの6」と呼ばれています。

 増6の和音を成立させる重要な構成音は2つです。

  • バスの♭VI度音
  • 上声部の#IV度音

 例えばハ短調での「V of V」は「D, F#, A♭」です。この時点で既にA音は半音下がっていますが、ドッペル・ドミナント(D, F#, A)としての5音が下行変質されていると解釈されます(下行変質は短調でしか用いられません)。この第2転回形は最低音(バス)にA♭を置きますから、F#とで増6度音程を生じる結果となり、「増6の和音」と呼ばれるわけです。

 4和音「V7 of V」の根音省略形が元になった増6の和音は、一般に「イタリアの6」と呼ばれています。この和音は3音構成なので、m7が重複されることになります。

 根音の省略がない形は「フランスの6」と呼ばれるものです。

 V9の根音省略形ですと「ドイツの6」になります。「増653」とも呼ばれます。

 譜例のように、いずれの形でも♭VI度音と#IV度音が反行してV度音に進んでいることがポイントになります。

 この和音は基本的に、D2和音としてVの前に置かれてカデンツを形成します。下行変質は短調特有の和音ですが、借用和音として長調でも用いられます

増6の和音のボイシング

 「ドイツの6」では連続5度が生じてしまいます。これは避けることができませんが、ソプラノとバスの外声間でない限り許されます。

増6の和音の解決

 増6の和音は、V(ドミナント)に進むか、I(第2転回形)に進むかです。

長調 (Dur)

ハ長調 (C-Dur)

ト長調 (G-Dur)

ニ長調 (D-Dur)

イ長調 (A-Dur)

ホ長調 (E-Dur)

ロ長調 (H-Dur)

嬰ヘ長調 (Fis-Dur)

嬰ハ長調 (Cis-Dur)

へ長調 (F-Dur)

変ロ長調 (B-Dur)

変ホ長調 (Es-Dur)

変イ長調 (As-Dur)

変ニ長調 (Des-Dur)

変ト長調 (Ges-Dur)

変ハ長調 (Ces-Dur)

短調 (Moll)

イ短調 (a-Moll)

ホ短調 (e-Moll)

ロ短調 (h-Moll)

嬰へ短調 (fis-Moll)

嬰ハ短調 (cis-Moll)

嬰ト短調 (gis-Moll)

嬰ニ短調 (dis-Moll)

嬰イ短調 (ais-Moll)

ニ短調 (d-Moll)

ト短調 (g-Moll)

ハ短調 (c-Moll)

へ短調 (f-Moll)

変ロ短調 (b-Moll)

変ホ短調 (es-Moll)

変イ短調 (as-Moll)