2021-06

スポンサーリンク
音楽理論

音程一覧

基準音別 音程別
記譜

5度圏

調を完全5度関係で連続的に並べた図。調号のシャープ、フラットの数を増やしいくと最終的に両者が交わり、円を形成します。通常の5度圏では各調号が6個(または7個)で示されますが、理論的にはそれ以上の数の調号による調が存在します(例えば、変イ長...
記譜

調号

調号の役割 いわゆる「調性音楽」では、長音階を用いる「長調」と短音階を用いる「短調」があるわけですが、主音が変わっても(つまり調が変わっても)、音階における半音と全音の配列は変わりません。ハ長調とイ短調はピアノの白鍵のみで弾ける、つ...
スポンサーリンク
記譜

ハーモニクス

ハーモニクスとは 弦楽器では「ハーモニクス奏法」というものがあります。特にヴァイオリン属では「フラジョレット」とも呼ばれている奏法です。フルートでもハーモニクス奏法というのがあるそうです。私はそちら方面には詳しくないので、以下のリン...
未分類

グレース・ノート

グレース・ノートとは グレース・ノート(Grace Notes)は、通常の音符の前に付される「小さな」音符のことで、それ自体は音価を持ちません。大方は「前打音」に属します。 グレースノートは、「単一音符」のものと「複数音符」の...
音楽理論

強弱指示

強弱指示の種類 最小ピアニッシッシモピアンピアニシモpianississimoäußerest leise極めて弱くピアニッシモpianissimosehr leiseごく弱くピアノpianoleise弱く⬇︎メゾ・ピ...
記譜

セクションの反復等に関する指示

反復記号 カッコbracketsdie Klammer, die Klammernder Kasten, die Kästen反復時に演奏すべき小節を指示ダ・カーポda capo曲の頭に戻れダル・セーニョdal segnoセーニョ記...
記譜

音部記号

音部記号の種類 ト音記号、高音部記号Treble clefG-Shlüsselclés de SOLハ音記号、中音部記号C clefC-Schlüsselclés d'UTヘ音記号、低音部記号Bass clefF-Schlüssel...
記譜

連桁

連桁(れんこう)とは 8分音符より細かい音符が連続する場合に、符鉤(つまり旗)の付いた形で記譜する代わりに、横棒で音符をつないだ形態の横棒を「連桁」と呼びます。 beamsder balkenligatures ...
未分類

小節線

小節線の意味 小節とは、一定数の特定の時価からなる音楽的時間の単位であり、その時にそれを支配する拍節によって規定され、楽譜上では小節線によって区切られ、範囲が定められるものです。つまり、4分の2拍子であれば、4分音符が2個続いて一つ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました