和音

スポンサーリンク
和音

副属和音(Secondary Dominant)を徹底解説②

ツー・ファイブ  ダイアトニックの和音進行では、より調性感を確立するために「ツー・ファイブ」進行が頻繁に用いられます。「ツー・ファイブ」とは、「II-V」つまり音階上のII度の和音からV度の和音への進行です。ルート・モーションが完...
和音

副属和音(Secondary Dominant)を徹底解説①

音階固有和音と借用和音  調性音楽において和音(コード)は、大きく分けて3つ種類に分けられます。各調(キー)固有の音階音のみを使う固有和音、その構成音の一部を変化させた変化(変位)和音、非和声音が混じることで生まれる偶成和音の3つ...
コード進行

和音の表記法について

 和音は記号や数字を使って表すことができます。一般的な「コード・ネーム」はジャズやポピュラー音楽全般で用いられており、主に演奏するための指標として活用されています。一方、クラシック音楽の世界では、ローマ数字を用いた「和音記号」がメインで、...
スポンサーリンク
和音

コード一覧〜サブドミナント・マイナー

サブドミナント・マイナー  サブドミナント・マイナー・コードは、メジャsー・キーにおいて、一時的に同主短調のコードを借用するものです。基本的には、マイナー・キーのIV度上の各種コードを用いますが、その代理コードである、IIm7(...
コード進行

ツー・ファイブ一覧

メジャー・キーのツー・ファイブ  メジャー・キーでは、VII度音上にできる減三和音を除く、すべてのダイアトニック・コードに対してツー・ファイブが形成されます。なお、ここでは解決先のコードを3和音で記していますが、ポピュラー系では...
テンション

アヴェイラブル・テンション

アヴェイラブル・テンション  すべてのテンション・ノートが使用可能でないことはお話ししましたが、ここではその原理をご説明したいと思います。その判定の基準さえ理解できれば、暗記に頼ることなく、使用化・不可が判別できるようになるでし...
和音

準固有和音

 同主短調からの借用和音は「準固有和音」と呼ばれます。  譜例の和音の他に、◦V9、◦IV6、V of ◦V(下方変質)も借用和音として用いられます。 ハ長調の準固有和音 ト長調の準固有和音 ニ...
和音

増6の和音

「増6の和音(Der Übermäßiger Sextakkord)」の構成  増6の和音の起源には諸説ありますが、単純に「V of V」の下行変質を第2転回形にしたものという理解で問題ないでしょう。  増6の和音には3...
和音

和音〜セカンダリー・ドミナント

下段の矢印で示されたコードは上段のセカンダリー・ドミナントが基本的に解決される先のコードを示しています。 メジャー・キーのセカンダリー・ドミナント C Major Key G Major Key ...
和音

非和声音

 非和声音とは文字通り、和声音ではない音を指す用語です。あるコードが使われた時に、その構成音以外の音はすべて非和声音となります。テンションも非和声音に含まれます。  和声音と非和声音が同時に鳴れば、当然、不協和音が生じるのですが...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました