連桁

スポンサーリンク
スポンサーリンク

連桁(れんこう)とは

8分音符より細かい音符が連続する場合に、符鉤(つまり旗)の付いた形で記譜する代わりに、横棒で音符をつないだ形態の横棒を「連桁」と呼びます。

  • beams
  • der balken
  • ligatures

連桁の形態

八分音符の連桁

十六分音符の連桁

三十二分音符の連桁

異なる音価の連桁

付点音符との連桁

休符を含んだ連桁

音高の離れた連桁

譜表をまたぐ連桁

記譜のルール

連桁を使う時には、拍子・拍節が明確になるようにする必要があります。何でもつなげれば良いというものではありません。

2拍子系 ~ 2/2, 2/4, 2/8

4分音符と8分音符

8分音符のみ

休符を含む場合

2例とも、1小節目の3つの音符を繋げるのは好ましくありません。

3拍子系 ~ 3/2, 3/4, 3/8

4分音符と8分音符

8分音符のみ

休符を含む場合

2例とも、各拍が独立していることに注意してください。

4拍子系 ~ 4/4, 4/8

4拍子系では、1・2拍と3・4拍のまとまりが明確になるよう記譜しなければなりません。

4分音符と8分音符

8分音符のみ

休符を含む場合

複合拍子

コメント

タイトルとURLをコピーしました