アッパー・ストラクチャー・トライアド

 ○/△という表記のコードがあります。これは一般に「スラッシュ・コード」や「分数コード」と呼ばれるものです。○の部分にはコードネームが表記されますが、△には単音の指示の場合と、コードネームの場合があります。

 実はこのいくつかのパターンについては、人によって呼び方が異なります。ここでは、分母△に三全音を含む和音が入り、分子○には三和音が入るものを「アッパー・ストラクチャー・トライアド」と定義しています。また分母△が通常の和音で分母○も和音の場合を「分数コード」、分母△が単音で分子○が和音の場合を「スラッシュ・コード」と定義しています。

 また表記法としては、アッパ・ストラクチャー・トライアドと分数コードに関してはスラッシュ(/)ではなく水平線(ー)を用いています。ただし説明文ではスラッシュで代用させていただきます。

アッパー・ストラクチャー・トライアド(UST)の機能

 分母に三全音を含むということは、この類のコードはドミナント・セブンス系であり、分子に乗っかる和音がテンション系になるということです。

 分母(キーボードでの左手)で弾かれる音には何種類かあります。

 基本的には、ルート+3rd+7thの3音が弾かれます。ベース奏者がいる場合は、ルート音は省略できます。またギター演奏ではルート+7th の2音だけになる事も多々あります。極端な場合はルート音のみのこともありますが、これは厳密な意味でのアッパー・ストラクチャー・トライアドにはなりません。USTというと、上下段のコードが異なっているので、一見複雑に感じるかもしれませんが、奏者にとっては、テンションを含んだコード表記よりも把握しやすいという利点があります。

 USTで避けるべき音は11th(P4)ですが、○sus4として使用するのであれば問題ありません。もちろんその時は分母の和音から3rdは省きます。また、分子の和音に3rdが含まれている時も、分母から省いて重複を防ぎます。

USTに含まれるテンション・ノート

分子がメジャー・トライアドの場合

UST分母のルートから分子のルートまでの距離含まれるテンション
VI / V7長2度9th, #11th, 13th
♭VII / V7短3度#9th
♭II / V7減5度♭9th, #11th
♭III / V7短6度#9th, ♭13th
III / V7長6度♭9th, 13th

分子がマイナー・トライアドの場合

UST分母のルートから分子のルートまでの距離含まれるテンション
Vm / V7増1度#9th
♭VIm / V7短2度♭9th, ♭13th
♭VIIm / V7短3度#9th, #11th
♭IIm / V7減5度♭9th, #11th, 13th
IIm / V7完全5度9th
IIIm / V7長6度13th

分母別UST

On C7th

On G7th

On D7th

On A7th

On E7th

On B7th

On F#7th

On C#7th

On F7th

On B♭7th

On E♭7th

On A♭7th

On D♭7th

On G♭7th

On C♭7th