非和声音

 非和声音とは文字通り、和声音ではない音を指す用語です。あるコードが使われた時に、その構成音以外の音はすべて非和声音となります。テンションも非和声音に含まれます。

 和声音と非和声音が同時に鳴れば、当然、不協和音が生じるのですが、そのこと自体は許容範囲に収まります。ただし、非和声音の使い方によっては、非常な違和感を感じさせ、コードの機能も曖昧になってしまいます。

 そのため、非和声音の使い方にはルールが定められています。それに従うことで、コードの主体性も保たれるわけです。非和声音は、使い方に従って次のように分類されます。

  • 倚音(いおん)
  • 経過音
  • 刺繍音
  • 逸音
  • 先取音
  • 掛留音

倚音 Appoggiatura

 何の前触れもなく、いきなり現れる非和声音で、必ず2度進行して和声音に解決されます。基本的には、強拍または拍の強部に置かれます。(と略記)

経過音 Passing Tone

2つの和声音を音階的(順次進行)でつなぐ非和声音で、弱拍または拍の弱部でもちいられます。(と略記)

刺繍音 Auxiliary Tone / Neighbouring Tone

和声音から上か下に2度進行し、再び和声音に戻る非和声音を刺繍音と呼びます。弱拍または拍の弱部でもちいられます。(と略記)

逸音 Escaping Tone / Escapee

刺繍音に続く和声音が省かれた状態の非和声音。逸音のあとの音は必ず3度以上の跳躍をするか、休符になります。逸音も弱拍か拍の弱部で使われます。(と略記)

先取音 Anticipation

逸音が次の和音の中で、和声音としてもう一度鳴らされる音は先取音と呼ばれます。先取音と和声音はタイで繋がれる場合もあります。(と略記)

掛留音 Suspended Note

前の和音の和声音がそのまま延長されて、そのまま倚音となる非和声音。倚音の仲間であるから、必ず2度進行して、和声音に解決されねばなりません。(と略記)