コード・スケール〜UST

アッパー・ストラクチャー・トライアド

 本サイトでは、いわゆる「スラッシュ・コード」のうちの、分母に三全音を含む(つまりドミナント系)コードを配したものをアッパー・ストラクチャー・トライアド(UST)と定義しています。

USTに使われるコード・スケール

ミクソリディアン・スケール

 ナチュラル・テンション「9th」「13th」の組み合わせが可能。sus4系統のコードにも多用されます。

  • 分母のルートから完全5度上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから短6度上のマイナー・トライアド

※ 分母のm7と13thで短9度音程が生じるので、ボイシングに注意が必要です。

※ P4とM3を同時に使うことはできません。

リディアン・ドミナント・スケール

 アヴォイド・ノートがないので、#11thのテンションを生かすことができます。

  • 分母のルートから長2度上のメジャー・トライアド
  • 分母のルートから短6度上のマイナー・トライアド

※ 分母のm7thと13th、P5と#11thで短9度音程が生じるので、ボイシングに注意が必要です。

ミクソリディアン♭6thスケール

 9thと♭13thのテンションが使えます。

  • 分母のルートから完全5度上のマイナー・トライアド

※ P5と♭13th、P4とM3を同時に使うことはできません。

ハーモニック・マイナー・スケールP5B

♭9thと♭13thのテンションが使えます。

  • 分母のルートから短2度上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから短2度上のメジャー・トライアド
  • 分母のルートから完全4度上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから短7度上のマイナー・トライアド

※ ルートと♭9thに生じる短9度は認められています。

※ P4とM3、P5と♭13thを同時に使うことはできません。

スパニッシュ8ノート・スケール

 HMP5Bに#9thが加わったスケールです。#9thはトップ・ノートとして使用されることが多いのですが、内声で♭9thと同時に使うなどの特殊なサウンドも可能です。

  • 分母のルートから短2度上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから短3度上のメジャー・トライアド
  • 分母のルートから短6度上のメジャー・トライアド

※ P4とM3、P5と♭13thを同時に使うことはできません。

※ M3と#9thで短9度音程が生じるので、ボイシングに注意が必要です。

オルタード・ドミナント・スケール

 P5を欠いた特殊なスケールです。#11thのテンションによって♭II7との共通性が生じます。

  • 分母のルートから短2度上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから短3度上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから減5度上のメジャー・トライアド
  • 分母のルートから短6度上のメジャー・トライアド

※ M3と#9thで短9度音程が生じるので、ボイシングに注意が必要です。

コンビネーション・ディミニッシュ・スケール

 非常に多くのテンションを含んでいるスケールです。

  • 分母のルート上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから短3度上のメジャー・トライアド
  • 分母のルートから短3度上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから増4度上のメジャー・トライアド
  • 分母のルートから増4度上のマイナー・トライアド
  • 分母のルートから長6度上のメジャー・トライアド
  • 分母のルートから長6度上のマイナー・トライアド

※ ルートと♭9thで生じる短9度音程は認められるが、それ以外にも数多く生じやすい短9度は避けねばなりません。

ホールトーン・スケール

 ♭13thはaug5、#11thはdim5と表記されることもあります。

テンション別コード・スケール

9thが使えるUSTのコード・スケール:Vm/I7

♭9thが使えるUSTのコードスケール:♭IIm/I7

#9thが使えるUSTのコード・スケール:Im/I7

13thが使えるUSTのコード・スケール〜:VIm/I7

♭9thと#11thが使えるUSTのコード・スケール:♭V/I7

♭9thと13thが使えるUSTのコード・スケール:VI/I7

♭9thと#11th, 13thが使えるUSTのコード・スケール:♭Vm/I7

#9thと#11thが使えるUSTのコード・スケール:♭IIIm/I7

#9thと♭13thが使えるUSTのコード・スケール:

9thと#11th、13thが使えるUSTのコード・スケール:II/I7