コード・スケール〜sus4コード

 sus4コードは、基本的には○7に解決させます。しかし独立した用法もよく見られますし、ダイアトニック・コードにこだわらずに、例えばIVsus4などもよく使われます。

sus4コードの使い方

sus4の独立的な用法

各メジャー・キーでのIsus4, V7sus4のコードスケール

 ナチュラル・テンションでのsus4コードでは、I度にはイオニアン・スケール、V度にはミクソリディアン・スケールが用いられます。

C Major Key

G Major Key

D Major Key

A Major Key

E Major Key

B Major Key

F-sharp Major Key

C-sharp Major Key

F Major Key

B-flat Major Key

E-flat Major Key

A-flat Major Key

D-flat Major Key

G-flat Major Key

C-flat Major Key

 sus4コードのオルタード化

ドリアン♭2・スケール

フリジアン・スケール

ロクリアン・スケール

スラッシュ表記によるsus4コード

 sus4コードも当然、テンションの付加が可能ですが、通常のコード表記でテンションも含めると、判読に時間がかかってしまいます(特に演奏時)。そのためスラッシュ・コードが多用されているのですが、作曲する側としては、各スラッシュ・コードの意味をきちんと把握しておかなければなりません(スケールも含めて)。

On C (ハ音上のスラッシュ・コード)

On C# (嬰ハ音上のスラッシュ・コード)

On D♭ (変ニ音上のスラッシュ・コード)

On D (ニ音上のスラッシュ・コード)

On D# (嬰ニ音上のスラッシュ・コード)

On E♭ (変ホ音上のスラッシュ・コード)

On E (ホ音上のスラッシュ・コード)

On F (へ音上のスラッシュ・コード)

On F# (嬰へ音上のスラッシュ・コード)

On G♭ (変ト音上のスラッシュ・コード)

On G (ト音上のスラッシュ・コード)

On G# (嬰ト音上のスラッシュ・コード)

On A♭ (変イ音上のスラッシュ・コード)

On A (イ音上のスラッシュ・コード)

On A# (嬰イ音上のスラッシュ・コード)

On B♭ (変ロ音上のスラッシュ・コード)

On B (ロ音上のスラッシュ・コード)