コード・スケール〜サブドミナント・マイナー

 サブドミナント・マイナーに関しては、主に2種類の基本スケールに基づいてコード・スケールが用いられます。マイナー・キーでのダイアトニック・コードとしてのマイナー・コードは「ドリアン・スケール」を根拠として使い、メジャー・キーにおける借用和音としてのマイナー・コード(及びその代理コード)には「メロディック・マイナー・スケール」を根拠としたスケールが使われます。けれども、必ずしもこの分類に縛られる必要はありません。以下の譜例では、両者ともメジャー・キーでの使用をサンプルとしています。

 なお、ナポリの和音も、サブドミナント・マイナー・コードの一群に含めてあります。ドミナント・コードの裏コードと同じルートで、セブンスかメジャー・セブンスかの違いだけなので、使用するときは注意が必要です。

メロディック・マイナー・スケールをベースとしたサブドミナント・マイナーのコード・スケール

C Major Key

G Major Key

D Major Key

A Major Key

E Major Key

F-sharp Major Key

C-sharp Major Key

F Major Key

B-flat Major Key

E-flat Major Key



E-flat Major Key

A-flat Major Key

D-flat Major Key

G-flat Major Key

C-flat Major Key

ドリアン・スケールをベースとしたサブドミナント・マイナーのコード・スケール

C Major Key

G Major Key

D Major key

A Major Key

E Major Key

B Major Key

F-sharp Major Key

C-sharp Major Key

F Major Key

B-flat Major Key

E-flat Major Key

A-flat Major Key

D-flat Major Key

G-flat Major Key

C-flat Major Key