メロディック・マイナー・スケール

旋律的短音階と訳されるこのスケールは、和声的短音階で生じる増2度音程を解消するために、Ⅵ度音も半音上げています。そのため、このスケールはメジャー・スケールとIII度音のみが異なっています。クラシック音楽では、下行形は自然的短音階と同形(つまり変化音なし)ですが、ジャズでは下行形も上行形と同じく変化させたまま演奏されます(特にアドリブでは)。

アヴォイド・ノートはありません。テンションノートはやはり9thと11thで、基本的にはマイナー・キーの曲のトニック・コードで使われます。