コード・スケール〜ディミニッシュ・コード

ディミニッシュ・コードの主な用法

①パッシング・ディミニッシュ

長2度で隣り合ったコードの間に置いて、よりスムーズな移行を実現する経過的な用法のディミニッシュ・コードを「パッシング・ディミニッシュ」と呼びます。

パッシング・ディミニッシュは、2つのコードが上行している場合も、下行している場合にも用いられますが、上行の時のほうが圧倒的に多いようです。

上行時のパッシング・ディミニッシュ

ディミニッシュ・コードは属九和音の根音省略形とみなすことができます。すると進行先のコードへのドミナント・モーションが発生していると分析できます。

パッシング・ディミニッシュは2つのコードが長2度離れていれば、どんな場所でも使えます。下の例はメジャー・キーのダイアトニ・コードに挿入している例です。

パッシング・ディミニッシュの使用例(上行時)

下行時のパッシング・ディミニッシュ

下行時にパッシンング・ディミニッシュが使われている例は上行時に比べると少ないのですが、その中でも比較的使われるのが、III→ IIと VI→ Vの間に置かれるケースです。また、パッシング・ディミニッシュの向かう先がIV度やI度のコードの場合、付加6の和音が使われることも多いようです。

以下にメジャー・キーでのパッシンング・ディミニッシュの用例を載せておきます。

パッシング・ディミニッシュの使用例(下行時)

②オグジュアリー・アプローチ

ディミニッシュ・コードを装飾的に用いる手法で、前後のコードは同一のものになります。非和声音に「刺繍音」というものがありますが、それの和音バージョンだと考えてもよいでしょう。
以下に、その用法の一例を挙げます。

③ディミニッシュ・コードの代理用法

ディミニッシュ・コードには2つの三全音が含まれています。

ということは、あるディミニッシュ・コードからは2つのドミナント・コードとその裏コード(代理コード)が導き出せることになります。つまり、パッシング・コードをそれらのコードに置き換えて使用できるということです。また、ドミナントはツー・ファイブに分解できますし、ドミナント・セブンスとその代理コードは互いにIIを共用できますから、結局のところ、以下のように8通りの組み合わせに置き換えることができるということになります。

ディミニッシュ・コードの代理用法例
Cメジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前の進行
Gメジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前の進行
Dメジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前の進行
Aメジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
Eメジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
Bメジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
F#メジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行

C#メジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
Fメジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
B♭メジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
E♭メジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
A♭メジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
D♭メジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
G♭メジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行
C♭メジャー・キーの「I – #Idim7 – IIm」
代替前のコード進行

④転回コードへの進行

主に、I度コードとV度コードで用いられる手法ですが、転回形のベース音に対してその半音下のディミニッシュ・コードを先行させる進行があります。

I度とV度の転回形に進むディミニッシュ・コードの例

⑤トニック・ディミニッシュ

特にトニック・コードを装飾する目的で使われるディミニッシュ・コードを「トニック・ディミニッシュ・コード」と呼びます。ルート音は、トニックコードのルートと同じ音になります。メロディー・ラインがM7の時によく用いられるようです。このコードに対して、ドミナント7thから直接進行するパターンもよく用いられています。

トニック・ディミニッシュ・コードの用例

ディミニッシュ・コードのコード・スケールとテンション

①トニック・ディミニッシュ・コードのテンションとコード・スケール

トニック・ディミニッシュ・コードのテンションはM7911になります。実際の表記では、M7はコード記号と共に書かれますが、それ以外のテンション・ノートは実音で記されるのが通例です。

ここで使われるスケールは8音から成る(Octatonic Scale)「ディミニッシュ・スケール」です。 

②パッシング・ディミニッシュ・コードのテンションとコード・スケール

各ディミニッシュ・コードのルート音を出発音とするスケールは、それぞれ前述のディミニッシュ・スケールとは異なっています。ここでのスケールは、あくまでも調性感を損なうことを極力避けるために考案されたもので、イオニアン・スケールが基になっています。し、ルート音によってテンション・ノートが異なります。ディミニッシュ・コードは異名同音でグループ分けすれば、結局は3種類に集約されますので、3通りのテンション・ノート・グループが生じることになります。

各テンション・ノートは通常のコード表記(音程数字)は使われずに実音名で記されますが、基本的には、無表記であると思っておいてよいでしょう。

パッシング・ディミニッシュ・コードのテンション
ディミニッシュ・コードテンション・ノート
#Idim, IIIdim, Vdim, ♭VIIdim属するキーのルートM6
Idim, #IIdim, ♭IIIdim, #IVdim, VIdim属するキーのM2, P4, M7
IIdim, IVdim, #Vdim, VIIdim属するキーのM3, P5

例えばもし楽曲がGメジャーで、その中でディミニッシュ・コードが経過的に用いられているとしたら、#Idimのグループのテンション・ノートはG音とE音、IdimのグループではA音とC音、F#音に、IIdimのグループではB音とD音になるということです。以下にCメジャーでの各ディミニッシュ・コードのスケールとテンションを載せておきますので、他のキーの場合は移調して求めてください。なお、このスケールとテンションは自然的短音階でも有効です。コード構成音は黒い音符で、テンション・ノートは青い音符で、アヴォイド・ノートは赤い音符で区別してあります。

Idimグループのスケールとテンション、アヴォイド
#Idimグループのスケールとテンション、アヴォイド
IIdimグループのスケールとテンション、アヴォイド

③ディミニッシュ7thスケール

②に比べて、より調性感の希薄になりますが。アヴォイド・ノートはありません。

ハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト・フィフス・ビロウ

ディミニッシュ・コードに対しては、「ハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト・フィフス・ビロウ」(以下HMP5Bと略記)のスケールとテンションも適用することができます。このスケールは、元が和声的短音階なので、調性感を保ちたいのであれば、このスケールを用いるのが無難かもしれません。

前述したように、ディミニッシュ・セブンス・コードは根音を省略した○7(♭9)と解釈することが可能で、4通りのドミナント・コードを導き出すことができます。HMP5Bを使う場合には、ディミニッシュ・コードのルート音をI度音にするのではなく、省略されていると見做した音をI度音にしなければなりません。そうすると4種類のコード・スケールが可能になりますが、それぞれは等質ではなく、調性感の濃度も変わってきます。その使い分けは作者に任されますので、それぞれの違いをよく理解しておく必要があるでしょう。

例えば、Bdim7を例に挙げると、ルート音の長3度下にセブンス・コードの省略されたルート音があると仮定できます。

同様に、転回形それぞれにセブンスコードを再現すると、このように4通りのドミナント7thコードが導き出せます。使用するスケールはマイナー・スケール系ですから、これらのドミナント・コードは各マイナー・キーのV度音上のコードであると判断できます。すると、上から「Cマイナー・キー」「E♭マイナー・キー」「G♭マイナー・キー」「Aマイナー・キー」の和声的短音階を作って、その5度下の音からスケールを始めれば、HMP5Bが完成するわけです。

もしCメジャー・キーでこれらのコード・スケールを用いるとするならば、Bdimは同主短調、G#dimは平行短調なので、比較的違和感の少ないスケールだと判断できます。一方、DdimはE♭マイナー・キーというフラットが6個のキーなので、非常に遠隔感・違和感が多く、Fdimに至っては、A♭マイナー・キーというフラット7個というとんでもなく離れた調になってしまいます。。これらのどれを使うのが正解という訳ではなく、状況や求めるものに応じて作者が決めるべきものです。また、キーが変われば同じコードでも立ち位置が変わってきますから、その都度判断する必要が出てくることも忘れてはなりません。

ディミニッシュ・セブンスは3グループに分けられますが、それぞれのグループ内のHMP5Bはどれも使うことができますので、参考にしてください。

第1グループ
第2グループ
第3グループ

スパニッシュ8ノート・スケールとテンション

このスケールは、自然的短音階にM7を加えて並び直したHBP5Bの仲間の8音音階です。テンションも同じですので、HBP5Mの代わりに使うことができます。このスケールを使うときも、やはり出発音は省略されたと見做すルートの長3度下の音から始まることに注意してください。

第1グループ
第2グループ
第3グループ