コード進行〜6251 in Major Key

6251 (メジャー・キー)

VIm7 – IIm7 – V7 – I

 ダイアトニック・コード進行で、強進行(4度上行・5度下行)が連続するパターンです。IImm7-V7でツー・ファイブが形成され、Iへドミナント終止する、王道的な進行です。

VI7 – II7 – V7 – I

♪「Spinning Wheel」


 ダブル・ドミナントの前に、さらにドミナント・コードがあるパターン。ベースが、8分音符の裏拍で次のコードのm7thを先取りしている、面白いパターンです。

Music by David Clayton-Thomas (Lead Vocal of the band “Blood, Sweat & Tears”)

>>メジャー・キーの組み合わせパターンに戻る<<