コード進行〜基本的なコード進行[長調]

和音の機能

「機能和声 (functional harmony)」は、主にH.Riemannによって展開された、比較的新しい和声分析方法です。それぞれの調において、どの和音も必ず3つの機能のどれかに属しているという概念を基本としています。すなわち、「トニック機能」「ドミナント機能」「サブドミナント機能」の3つです。

その機能を代表するのが「主要三和音」と呼ばれる3種類のコードで、それ以外の同じ機能を有するコード類は「副三和音(代理和音)」に分類されます。

[長調の機能分類]

主要三和音 副三和音(代理和音)
トニック (Tonic)

ドミナント (Dominant)

サブドミナント (Subdominant)

上記の表では「三和音」を分類していますが、実際には「四和音」も頻繁に用いられます。ハ長調を例に、使用されるコードを示してみましょう。

これを表にまとめると、下のようになります。

主要三和音

副三和音(代理和音)

トニック (Tonic)

I6IM7

m、Ⅲm7、Ⅵm、Ⅵm7

ドミナント (Dominant)

、Ⅴ7

m(-5)、Ⅶm7(-5)

サブドミナント (Subdominant)

、Ⅳ6、ⅣM7

m、Ⅱm7

コード進行の基本

長調の音階音のみを使ったコード進行は、上記の機能にしたがって、4つのパターンに分類されます。

  1. T→D→T
  2. T→S→D→T
  3. T→S→T
  4. T→D→S→T

ただし、4番目のパターンは、ブルースを源流とするコード進行でジャズやポップスでは多用されますが、クラシック音楽ではほとんど用いられません。

ここで、各調における主要三和音を用いた最も基本的なコード進行を示しておきましょう。副三和音も含めたコード進行については、別項で取り扱います。

各長調のT→D→T

各長調のT→S→D→T

各長調のT→S→T

各長調のT→D→S→T

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする